不動産売却にかかる費用を考えるとき、一番パッと思い浮かぶのが仲介手数料ではないでしょうか?

仲介手数料という言葉は不動産会社の看板でも、Webサイトでもよく目にしますよね。

でも実際にどういう費用なの?となるとわからない人も多いです。

ここでは、不動産売却時の仲介手数料について解説します。

仲介手数料とは、売主が売却の仲介を不動産会社に頼んだ場合に発生する費用のことです。

仲介手数料については宅地建物取引業法で定められており、全国どこの不動産会社を使っても発生(業者独自のキャンペーンなどは除く)し、もちろん七ヶ浜においても同様です。

仲介手数料がいくらかかるかは、不動産の売却価格によって異なり、上限までであれば不動産会社が自由に設定できます。

上限は、売却価格200万円以下の部分→売却価格×5%+消費税、200万円超え400万円以下の部分→売却価格×4%+消費税、400万円超えの部分→売却価格×3%+消費税、という式で算出できますが、売却価格が400万円以上になる場合は<(売却額×3%+6万円)+消費税>に当てはめるだけでOKです。

たとえば、七ヶ浜の不動産売却で金額が1,000万円となった場合、(1,000万円×3%+6万円)+10%=39万6,000円となります。

なお、仲介手数料の支払いのタイミング、不動産売買契約を締結した際と不動産引き渡しの際の2回で、通常1/2ずつ均等に支払います。

事前に不動産会社ごとにいくらかかるのかを調べておくと良いでしょう。