• ホーム
  • Twitterの夜間モードは見やすい!使いやすい!

Twitterの夜間モードは見やすい!使いやすい!

Twitterは気軽に思っていることをつぶやくことができる便利なSNSですが、デメリットも存在しています。特に頻繁に利用される方は、背景の白色が目に負担になっているということがあるのです。Twitterだけではなく多くのSNSを使い、パソコンやスマートフォンを利用する時間も長くなっている現代において、視力低下は深刻な問題と言えます。そんな方に、ぜひお勧めしたいのが夜間モードと呼ばれる設定です。夜間に利用すると特に効果を発揮しますので長い時間かけて使用する場合はぜひ覚えておきたい機能です。ここではその方法とメリットをお伝えしていきます。

夜間モードとは背景を全て黒系色にできる機能であり、この機能をオンにする事で、白色に近かったTwitterのタイムラインの背景が濃いグレーのような色になり、文字が白く際立ち見やすいようになります。普段の画面では文字は黒色のため投稿自体も見やすいですし、夜間や暗い室内のような場所でも見やすい仕様になっています。

夜間モードの設定の仕方を説明します。まずはトップのプロフィール画面に移動し、設定とプライバシーのボタンをタッチして設定画面を開きます。その中の画面表示とサウンドをタッチし、ダークモード(夜間モード)をオンにします。現在はダークブルーとブラックの二種類の色から好きな方を選ぶことが可能で、日没時に自動的にオンになり夜明け時にも自動的にオフになるような自動ダークモードも用意されています。自分でわざわざ設定しなくてよいので、とても便利な機能といえます。ただ、iPhoneやAndroidのバージョンによってはこの自動ダークモードが使えない場合があるので、常に最新バージョンに更新しておくとよいでしょう。

また、以前まではパソコン等からのブラウザ版には夜間モードが搭載されていませんでした。しかし、ここ最近はパソコンのブラウザからも夜間モードを設定することができるようになり、iPhoneやAndroid以外でもブラウザ版でも使いやすい設定へと生まれ変わりました。設定方法は簡単で、まずはブラウザから自分のTwitterにアクセスします。その後は自分のアカウント部分をクリックし、メニューの下段部分にあるダークモードをクリックします。その後背景が暗く変更されれば設定が完了です。
便利なSNSですが、メリットとデメリットがあることを意識して、目に負担をかけないよう、設定を切り替えるなど工夫しながら楽しくTwitterを利用しましょう。